石井忠さん(いしい・ただし=漂着物研究者)が5月30日、心不全で死去、78歳。葬儀はすでに営まれた。

 海岸の漂着物に着目して分析し、民俗学に新たな視点を開いた。漂着物学会長や福岡県古賀市立歴史資料館長を歴任。98年に同県文化賞。著書に「新編 漂着物事典」(海鳥社)など。