[PR]

 岡山市の指定暴力団・神戸山口組系池田組の若頭射殺事件で、若頭は至近距離から銃撃された可能性の高いことが岡山県警への取材でわかった。事件直前、犯人らしき若い男によく似た人物が現場周辺の防犯カメラに映っていたことも判明。事件の「見届け役」とみられる別の男2人組の目撃情報もあり、県警は組織的な計画的犯行とみて、男らの特定を急いでいる。

 県警や住民らによると、若頭の高木忠(ただし)幹部(55)は岡山市南区の5階建てマンションの4階に居住。5月31日朝、1階の駐車場で自家用車2台の周辺にいた際に銃撃され、駐車場わきの地面に倒れてまもなく死亡した。そばに止めた住人の車に流れ弾が当たったとみられる痕跡も見つかった。

 こうした現場の状況から、県警は犯人が駐車場内に立ち入り、数メートル程度の至近距離から撃ったと判断。幹部が自家用車周辺に取り付けた防犯カメラ5台の映像を分析し、事件当時の状況を詳しく調べている。

 また県警が近隣の防犯カメラを調べた結果、事件直前、犯人とみられる男に酷似した人物が、原付きバイクや徒歩で現場周辺を行ったり来たりする姿が映っていた。身長約170センチで細身。20代ぐらいという逃走後の目撃と同じく、白い上着に青いシャツ、黒いヘルメット姿だったという。

 さらに、高木幹部が倒れた様子を確認して立ち去った別の男2人が乗っていた白い車は最近、マンション周辺で複数の住人が目撃していた。県警は、下見をするなど計画的な組織犯とみて捜査を進めている。