[PR]

 いまや「日本酒王国」と言えば、新潟ではなく福島だ。全国新酒鑑評会などで他県を引き離す。強さの理由は?

 「『酒は福島』という評価がこれで定着するだろう」。5月18日、福島県酒造組合の新城猪之吉会長(65)は手放しで喜んだ。

 新酒の品質を競う全国新酒鑑評会(酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催)の結果が発表され、特に優秀と認められる金賞(227点)の都道府県別受賞数で福島が18点と4年連続で1位を成し遂げたからだ。

 1911(明治44)年から続く大会で、1980年代までは広島や兵庫といった酒所が中心だった。だが90年代に入ると「淡麗辛口」の酒が代名詞となった新潟が98年から4連覇を達成するなど一時代を築いていた。

 鑑評会に出されるのは審査用の特別な酒が大半だが、市販の評価だと福島と新潟の差は顕著になる。東京の酒販店などが催す市販酒対象の「SAKE COMPETITION」という品評会では昨年、福島は20の蔵が出品し、全103点の入賞酒のうち「会津中将」「名倉山」「寫楽(しゃらく)」「會津(あいづ)ほまれ」「飛露喜(ひろき)」など18点が選ばれた。県別で最多で、13の蔵が出品した新潟は1点もなかった。

 なぜ「王者」は交代したのか。

 それは、酒の主流が「淡麗辛口」から、米のうまみをしっかりと引き出す「芳醇(ほうじゅん)甘口」のタイプに変わったことが大きい。転機は、山形県の酒「十四代(じゅうよんだい)」の登場で、発売された94年に雑誌に紹介されて人気を博し、「芳醇甘口」路線を多くの蔵が追随した。

 全国で人気となった酒が身近にある影響を受けて、東北の酒は、一気にレベルが上がった。

 福島では、進化した醸造技術をうまく活用し、官民一体で酒質を上げる「福島方式」が功を奏した。例えば酒米は、気候の影響を受けて年ごとに質が変わる。県の研究所である「福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター」が事前に分析し、米に合ったつくり方を蔵ごとにアドバイスする。醸造・食品科長の鈴木賢二さん(54)は「昔と違って完成度の高い酒をつくれる」と話す。

 福島銘酒の代表格「飛露喜」をつくる会津坂下(ばんげ)町の「廣木(ひろき)酒造本店」の廣木健司社長(49)は言う。「経験が少なくても実力次第で全国に通用する酒がつくれると、20~30代の後継者たちが蔵に戻ってきた。『福島の酒』と言えば昔は買いたたかれる酒が多く、厳しい経営の蔵がほとんどだったので、教え合ってみんなではい上がろうという機運になった。原発事故も逆バネになった」

 他県も触発されている。

 人気酒「而今(じこん)」をつ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら