帆足正規さん(ほあし・まさのり=能楽笛方森田流)が1日、大動脈弓部破裂で死去、85歳。通夜、葬儀は故人の遺志で行わない。

 東京都出身。森田流の貞光義次氏に師事。新作狂言「死神」や新作能「鞆のむろの木」などを手がけた。京都能楽囃子方同明会元理事長。1日、京都・平安神宮であった京都薪能で「杜若(かきつばた)」を上演中に倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。