[PR]

 石垣だけが残る高松城の天守を復元しようと、高松市が内部の様子が分かる設計図や古い写真を探している。そのためにかけた懸賞金は、3千万円。

 天守は明治時代に取り壊された。外観の写真は残っており、CGで再現できる。ただ、内部が不明なため、国から復元の許可が下りない。

 高松城の天守は四国最大とされるが、復元に向けた懸賞金は「国内最高額では」(市文化財課)。問い合わせは同課(087・839・2660)まで。