[PR]

湯崎英彦・広島県知事

 今回の(オバマ大統領の広島)訪問は歴史的な一歩だったとつくづく感じる。現職大統領が初めて来られた事実がまずあるが、これに加えてスピーチも、核兵器廃絶に向けた具体的なステップがないとか言われているが、内容は広島の被爆者や亡くなった方々にすごい思いを寄せた言葉だったと思う。非人道性という言葉は使わないが、人間に対してそういうことが行われたことを強く思い起こさせるものだった。

 「道徳的覚醒」という言葉で終わっているということは、戦争全体に言えることだが、道徳性について問題があるという認識なので、かなり踏み込んだ言葉だと思う。そういう意味でも歴史的だった。アメリカはこれまで(原爆投下は)正当であるというポジションだったので、大きく踏み込んだものだったと思う。核兵器廃絶に向けた様々な取り組みを着実に進めていきたいと、我々自身にも感じさせるものだった。(安倍首相や岸田外相との面会後、外務省で記者団に)

関連ニュース