[PR]

 バレーボールのリオデジャネイロ五輪男子世界最終予選は2日、アジア大陸予選を兼ねて東京体育館で第5日があり、日本(世界ランキング14位)は同じアジアの豪州(同13位)にストレート負けして4連敗を喫し、2大会ぶりの五輪の道は絶たれた。通算1勝4敗となり、残り2試合で連勝しても上位4チームに入れないことが確定したため。ポーランド(同2位)は唯一全勝を守り、出場権を獲得した。日本は4日の次戦で、カナダ(同10位)と対戦する。

こんなニュースも