[PR]

 北九州市小倉北区で2012年、暴力団排除の標章を掲げたクラブの男性役員が刺された事件で、福岡県警は、指定暴力団工藤会系組幹部で同市小倉南区の無職田口義高容疑者(50)=現住建造物等放火などの罪で起訴=ら男7人を殺人未遂などの疑いで逮捕したと3日発表した。県警は7人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、田口容疑者は工藤会の2次団体、田中組のナンバー2。他の6人のうち5人は同組幹部と組員で、殺人未遂幇助(ほうじょ)容疑で逮捕された1人は田口容疑者の知人という。

 田口容疑者ら6人の逮捕容疑は12年9月26日未明、北九州市小倉北区下到津(しもいとうづ)1丁目のマンション前で、同市内でクラブを経営する会社の男性役員(50代)の尻を刃物で数回刺して殺害しようとしたというもの。知人は、事件に使われると知りながら車を田口容疑者らに貸した疑いがある。男性の命に別条はなかった。

 捜査関係者によると、男性は自…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら