[PR]

 厚生労働省が3日発表した4月の毎月勤労統計(速報)で、労働者1人平均の賃金が物価の伸びを超えて上がっているかを示す「実質賃金指数」は前年同月より0・6%増えた。1・6%増だった3月より上げ幅は縮まったものの、3カ月連続でプラスとなった。

 名目賃金にあたる「現金給与総額」は0・3%増の27万4984円。パートタイム労働者は労働時間が減って0・8%減の9万7580円と3カ月ぶりのマイナスだったが、フルタイムは春闘の影響で基本給などが上がり、0・7%増の35万2029円だった。

 このフルタイムの伸びや、ボーナスなど特別給与の上昇が全体の名目賃金を押し上げた。4月の消費者物価がエネルギー価格の下落で0・3%下がったことも、実質賃金にとってはプラスに働いた。

こんなニュースも