[PR]

 弘前市が舞台の漫画「ふらいんぐうぃっち」の絵を車両にあしらった電車の運行を今春始めた弘南鉄道は4日、「ラッピング電車運行記念乗車券」の販売を始めた。大鰐線(中央弘前―大鰐)と弘南線(弘前―黒石)の1日フリー切符各1枚と漫画の登場人物のイラストを施した台紙がセットで2千円。同社は「漫画の人気を乗車率向上につなげたい」と期待している。

 「ふらいんぐうぃっち」は弘前市在住の漫画家石塚千尋さんの作品で、魔女の少女が主人公。弘南鉄道は4月からアニメのテレビ放映が始まったのに合わせ、大鰐線にラッピング電車を走らせている。

 記念乗車券は2千部限定販売で、来年6月3日まで有効。3日午前10時から先行販売があった弘前市の中央弘前駅では県内外の約50人が列を作った。弘前市の主婦三上鈴子さん(52)は「アニメは知っている場所がよく出てくるので、家族で『これはあそこだ』と話しながら見ています。実は大鰐線に乗ったことがないので、今度この切符で乗ってみたい」と話していた。

 大鰐線の中央弘前駅、大鰐駅、弘南線の弘前駅、平賀駅、黒石駅で販売。通信販売もある。同社の工藤司営業課長は「通信販売では首都圏などからも予約が入っている。ねぷたやさくらまつりなどで弘前に来ていただき、フリー切符で観光を楽しんでほしい」。問い合わせは同課(0172・44・3136)へ。