[PR]

 自然の脅威を思い知らされたあの日から25年。島原市内は3日、災害の教訓を再確認する「いのりの日」となった。43人の死者・行方不明者を出した大火砕流。慰霊碑では市民らが手を合わせ、亡き人たちを思う手作りのキャンドルもともされた。今は静かに煙をくゆらせる山が見下ろす中、市民や遺族らはあの日を思い、災害の記憶を風化させまいと、気持ちを新たにした。

報道犠牲「定点」で祈り

 島原市内では、慰霊碑に花を供えたり、半旗を掲げたりして犠牲者を追悼する市民らの姿があった。

 噴火災害で家を失った被災者が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら