[PR]

 首都圏における県の新しいアンテナショップ「日本橋とやま館」(東京都中央区日本橋室町)が4日、開店した。オープン前には県出身者ら約300人が列をつくり、店が開くとともにさっそく買い物を楽しんだり、県産の地酒や食材を味わったりしてにぎわった。

 「富山の日常の上質なライフスタイル」の発信をコンセプトに、日本橋三越本店新館の向かいのビル1階に、県が約4億円の開業費を投じてオープンさせた。

 立山杉をふんだんに使った473平方メートルの店内には、県産の食品や工芸品など約700品目が並ぶほか、地酒を提供するバーラウンジ「トヤマバー」や富山湾産の食材を使った和食店「富山はま作」が入る。

 県内17の酒蔵の地酒を味わえ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら