[PR]

 全国のメロン産地が集まり、連携して消費拡大に取り組もうという第2回全国メロンサミットinほこた(実行委員会主催)が4日、鉾田市で始まった。

 北海道から宮崎県まで19産地の市町長や農協関係者ら40人によるビジネスサミット首脳会議を開催。毎月6日を「メロンの日」に定めたほか、おいしいメロンを消費者に提供していくとの産地共同宣言を出した。

 メロンの日は、数字の6がメロンの形に似ているとして決めた。産地ごとに旬の時期が異なることから、北海道夕張市は7月6日を「夕張メロンの日」、茨城県の多くの産地は6月6日で、「鉾田市メロンの日」「行方市メロンの日」など。通年販売を進める静岡県袋井市や宮崎県小林市は毎月6日で、それぞれ「静岡温室メロンの日」「めろめろメロンの日」とした。

 サミット最終日の5日は、鉾田市の鉾田総合公園で一般向けのPRや試食・販売がある。地元出身のタレント磯山さやかさんとパティシエ鎧塚俊彦さんによるスイーツや鉾田の魅力再発見のトークショー、シェフ神保佳永さんによるライブクッキングなども催される。第3回サミットは来年、山形県鶴岡市で開かれる。