[PR]

絵本作家・こしだミカさん

 絵を描き出したのは大学生だった20歳のとき。ヨーロッパを鉄道で旅していて、待合室にいたおばあちゃんの存在感にひかれたんです。写真ではなく、何かにガシガシと刻み付けておきたいって。

 紙と鉛筆を買ってはきたけど、どう描いていいかわからない。顔から描いたら体は紙からはみ出してしまうし。でも、線を描くことに解放感があったんです。

 絵も工作も大好きでしたが、小学校で絵にテーマが与えられるようになると、好きな感覚で絵を描くことがなくなっていって。中学高校のときもほとんど描いていませんでした。

 大学卒業後に美術学校に通い、アルバイト帰りの終電間際の電車内がデッサンの時間でした。居眠りしている人は力が抜けて無意識でめっちゃステキなモデルさん。その人が降りるまでの限られた時間でチラチラ見て描くので、怒られたこともありました。

 生きものを描いた作品が多いの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも