[PR]

 リオデジャネイロ・パラリンピック日本代表で最高齢の68歳。関西の「卓球マダム」と、タレントで日本財団パラリンピックサポートセンター顧問のマツコ・デラックスさんが語り合った。苦労を乗り越え、その先にあったものとは。(構成・榊原一生)

 マツコ(以下、マ) えっ、見えない。68歳には。

 別所キミエ(以下、別) 40代に見えますかね?

 マ それはないわ(笑)。だけど、ほんとにお綺麗(きれい)。

 別 好きなことをしているからとちゃいますかね。あと、車いすだから、というのもあります。

 マ どういうこと?

 別 今より障害者への理解が進んでいなかった20年前は、特別な人間とか、汚いもののように思われていました。だから身なりだけでも、と心掛けるようにしているんです。

 マ お化粧もして、髪や爪も綺麗だわ。年を取るとみんな地味になっちゃうけど、あれは逆よね。派手な方が絶対にいい。多くの人のお手本になると思うわ。

 別 でも、競技をやっている時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら