[PR]

 陸上のアジア・ジュニア選手権は6日、ベトナムのホーチミンで行われ、男子400メートル障害では渡部佳朗(城西大)が50秒86で優勝した。同1万メートルは渡辺奏太(東洋大)が31分23秒93で優勝、同やり投げは佐道隼矢(東海大)が77メートル97で制した。

 女子3000メートルは倉岡奈々(デンソー)が9分31秒46で勝ち、同400メートル障害の石塚晴子(東大阪大)は57秒91で優勝した。(時事)

こんなニュースも