[PR]

 安倍内閣の閣僚が7日の閣議で、沖縄の夏の正装「かりゆしウェア」を着て臨み、沖縄振興とクールビズをアピールした。例年は、沖縄県知事らが上京し、首相らにかりゆしウェアを手渡す行事もあるが、今年は遺体遺棄容疑で米軍属の男が逮捕された事件を受けて見送り、沖縄県から内閣府を通じて贈られた。

 青いかりゆしを着た首相は「涼しくて気持ちも軽やかになりますね」。閣僚のかりゆし着用は、第1次安倍内閣時代の2007年参院補選で、首相が島尻安伊子沖縄北方担当相の応援演説で表明した「公約」で、7月の参院選で改選を迎える島尻氏に「島尻さんがここにいらっしゃるのは意義深い」などと話しかけていた。(大久保貴裕)