写真・図版

[PR]

 お年寄りに多い特発性正常圧水頭症という病気がある。早期なら治療で改善が期待できる認知症の一つだが、患者数が従来よりかなり多いとする推計がこのほど発表された。今では負担が少ない手術法が国内で定着しつつあり、見逃しを減らすとともに、治療態勢の充実が大きな課題だ。

 東京都の女性(68)は2010年にアルツハイマー型認知症と診断され、3年前から老人ホームで暮らす。昨年から会話が急に減り、歩幅が小さく、立ち上がることも難しくなった。「異変」を感じた娘に伴われ、今年2月、順天堂大順天堂医院(東京都)の脳神経外科を受診した。

 宮嶋雅一・先任准教授が女性の頭のMRI画像を見ると、脳の中心にある脳室上部が鋭角なV字形に広がり、特発性正常圧水頭症を合併しているとわかった。

 この病気は原因不明で、脳や脊髄(せきずい)を守る脳脊髄液(髄液)が脳室にたまる。ゆっくり進み、歩行障害、認知障害、排尿障害が出る。

 治療法の一つは、過剰な髄液をおなか(腹腔(ふくくう))へ流す手術「シャント術」。日本で増えているのが腰椎(ようつい)と腹腔を細い管でつなぐ「LPシャント術」だ=図。従来は脳室と腹腔を結ぶ「VPシャント術」が多かったが、脳に管を刺すなど心理的負担が大きかった。

 LPシャント術は、管が背中の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら