[PR]

 指定暴力団「山口組」から分裂した「神戸山口組」の直系組織の組長らが8日、月1回の定例会に出席するため、兵庫県淡路市の本部事務所に集まった。岡山市内で傘下の池田組の幹部が射殺された後、定例会を開くのは初めて。兵庫県警は報復行為の動きがないか情報を収集している。

 神戸山口組本部にはこの日、直系組長が乗っているとみられる車が次々に到着し、組員にガードされて足早に本部に入った。県警の警察官が周辺で防弾チョッキを着て警戒した。県警は抗争拡大を防ぐため、県内にある両団体の事務所など約60カ所の警戒を強化している。

 射殺事件では、対立する山口組の傘下組織の組員山本英之容疑者(32)が岡山県警に出頭し、殺人と銃刀法違反容疑で逮捕された。神戸市灘区の山口組総本部には8日午後、岡山県警の捜査員ら約60人が家宅捜索に入った。