[PR]

 日産自動車は7日、韓国法人が売るディーゼル車「キャシュカイ」について韓国環境省から受けたリコール(回収・無償修理)の命令に応じる方針を決めた。ただ、指摘された排出ガス低減装置の不正は認めず、現地で行政処分の不当性を訴える裁判を起こすことも視野に入れるという。

 韓国環境省によると、リコールの対象は販売済みの824台で、同省は新車の販売停止や課徴金3・4億ウォン(約3100万円)も科した。日産はこれらの処分を受け入れる方針。キャシュカイは欧州でも売っており、新しく生産する分から、韓国でのリコールと同じ改善を施すという。

 また、同省は韓国日産と同社社長を大気環境保全法違反の容疑でソウル中央地検に刑事告発した。日産はこうした処置には強く反発している。

 同省は、キャシュカイの排出ガ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら