[PR]

 粘菌について紹介する施設「粘菌博物館」が4日、市原市東国吉にできた。東国吉地区にある石井商事の倉庫内に、粘菌の標本や粘菌の特性を説明するパネルなどを展示。小学生たちの理科教育支援など環境教育に役立てたいという。

 帝京平成大学名誉教授の加藤修一さん(医学博士)が理事長を務めるNPO法人が開設した。加藤さんは「20億年を生きてきた粘菌の不思議さを観察する場にしたい」と語る。毎週土曜日午前10~午後5時開館。無料。住所は市原市東国吉495。問い合わせは石井守さん(080・6738・3677)へ。