[PR]

 音楽活動をしていた東京都武蔵野市の大学生冨田真由さん(20)がファンに襲われて重体となっていた事件で、冨田さんの意識が回復したことが捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁によると、冨田さんは5月21日午後5時5分ごろ、出演予定だった小金井市のライブ会場入り口で約30カ所をナイフで刺されて意識不明の重体が続いていた。しかし、7日夜までに意識を回復し、捜査関係者によると、診断結果では脳の機能に異常は認められなかったという。頭部や臓器まで達する致命傷も確認されなかった。

 東京地裁立川支部は6日、冨田さんを刺した岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)=殺人未遂容疑で送検=の刑事責任能力を調べるための鑑定留置を認めた。