[PR]

 ベトナムの国営メディアは8日、5月22日に行われた国会議員選挙(定数500、任期5年)の結果が確定したと報じた。共産党や政府機関の推薦を受けていない「独立系」の当選は2人だけ。改選前の4議席から半減し、党の影響力が一層強まる印象となった。

 共産党一党支配体制のベトナムでは、国会議員に立候補をするのに、共産党の関連組織の事前審査を経る必要がある。全候補者870人のうち、独立系は11人に絞られていた。(ハノイ=佐々木学)

こんなニュースも