[PR]

 トヨタ自動車が、総合職向けの在宅勤務制度を大幅に拡充する。今は対象を子育て中の男女らに限っているが、総合職のおよそ半分に当たる約1万3千人に利用資格を与える方針だ。子育てや介護などの事情がある場合にとどめず、幅広い社員に時間や場所に縛られない働き方を認め、仕事の効率向上につなげるねらい。8月末の導入をめざす。

 新制度の対象者は、入社して数年以上たつ事務職と技術職の社員らで、管理職は対象外。社員約7万2千人のうち、総合職の約1万3千人が該当する。週に何時間の出社を求めるかや、労働時間をどう計算するかなど、詳細は労使で協議している。

 具体的な働き方としては、自宅でずっと仕事するほか、外出先から自宅に直帰して残った仕事をする、といったケースが考えられる。テレビ会議ができるパソコンの貸与など、環境整備も進める。実際に利用を認めるかは、仕事内容などを踏まえて上司らが判断する。

 トヨタはこれまでも在宅勤務制…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら