[PR]

 勾留中の暴力団幹部を娘の結婚式に出席させた大阪地裁の決定。親族らが詰めかけた式場には、大阪府警の捜査員による厳重な警備態勢が敷かれていた。

 被告と関係者の承諾を得て、勾留停止の5時間半を記者が取材した。厳戒警備の中の挙式だった。

 大阪市都島区の大阪拘置所前。午後0時半前、刑務官に付き添われ、無精ひげを生やした被告が鉄柵の向こうに現れた。鉄製ドアが解錠された瞬間、勾留の執行停止が始まった。1時間後に挙式の予行演習がある。友人らが出迎え、弁護士とタクシーに乗り込んだ。後方に、捜査員が乗る覆面車両2台が続いた。

 午後1時10分ごろ、ホテルに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら