[PR]

 中国海軍の軍艦が沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域に初めて入ったことを受け、米政府は9日、懸念を表明した。

 米国務省のトナー副報道官は記者会見で、尖閣諸島の主権については「特定の立場を取らない」という従来の立場を示しながらも、日米安保条約の適用範囲であると再度説明した。そのうえで、「当然、我々は常にこのような報告を懸念している。(事態を)注視し、引き続き日本政府と密に協議していく」とした。

 また、国防総省のクック報道官も、「日本政府の懸念を理解し、緊密に連携していく」と述べた。(ワシントン=杉山正)

こんなニュースも