[PR]

 韓国政府は10日午前、海軍などを投入し、朝鮮半島西端の漢江河口域で不法操業をしていた中国漁船十数隻を排除した。韓国国防省が明らかにした。現場水域は、漢江を挟んで南北の軍がにらみ合う中立水域。韓国は中国と北朝鮮に事前通報したが、中朝両国が強く反発する可能性がある。

 韓国国防省によると、韓国海軍は、国連軍事停戦委員会の要員も同乗した高速艇4隻を投入した。中立水域へ入るには、在韓米軍司令官が兼職する国連軍司令官の許可が必要で、通常は韓国軍や韓国海洋警備安全処の船舶が活動できない。

 国連軍関係者によれば、同軍は韓国政府の行動が中朝を刺激して朝鮮半島の緊張が高まることを懸念し、韓国側に慎重な対応を求めたという。韓国は事前に外交ルートで中国に通報したほか、板門店の国連軍を通じて北朝鮮にも伝えた。

 半島西側では近年、ワタリガニなどを狙う中国漁船が急増。現場の中立水域では、かつて年数回だった不法操業が昨年は120回余り、今年は5月までに520回余りが確認された。

 中国漁船は、中立水域に隣接する海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)南側の操業禁止区域でも、1日300隻前後が操業。近くの韓国の排他的経済水域(EEZ)では、今年だけで2200隻以上の中国漁船が退去処分になったという。

 韓国漁民の不満が増大して世論…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも