[PR]

 名古屋ボストン美術館(名古屋市中区)が2019年3月末までに閉館することが10日、正式に決まった。運営する公益財団法人「名古屋国際芸術文化交流財団」が評議員会を開き、18年度末に切れる米ボストン美術館から作品を借りる契約を更新しないことを決議した。

 米ボストン美術館の姉妹館として1999年に開館。入場者数の低迷に加え、超低金利で寄付金の運用にも行き詰まり、財政的に継続は困難と判断した。美術館が入居するビルを所有する名古屋市は今後、跡地の活用方法を検討する。