[PR]

 上位メンバーの卒業や、出馬辞退が相次ぐ中で迎えた今回の選抜総選挙。メンバーにとっても、総選挙や順位の持つ意味が変化しているように映ります。昨年まで出馬したすべての総選挙でランクインし、今回は出馬を辞退したHKT48チームK4キャプテンの多田愛佳さん(21)に、総選挙への思いを聞きました。

     ◇

 ――総選挙とはどんな存在ですか。

 6回経験してやっとほかのメンバーのランクインを喜び、お祭りとしても楽しめるようになりました。順位が落ちても、維持でも、悔しいだけでなくて次に生かそうと思えるようになった気がしました。

 でも、ずっと怖いです。総選挙の3文字が1回目から離れたことがない。終わっても、また開催される。頭のどこかに総選挙がずっとありました。

 ――今回なぜ出馬を辞退したのですか。

 去年の総選挙が発表された時か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら