【動画】MOM'S STAND(エムスタ)親子で相撲部屋体験=佐藤正人撮影
[PR]

 お相撲さんとの力比べや、ちゃんこ鍋の試食を親子で楽しむイベント「相撲部屋体験会」(朝日新聞マムズスタンド〈エムスタ〉主催)が11日、東京都江東区の「大鵬道場 大嶽部屋」であり、年長から小学4年生とその親約20人が参加した。

 朝稽古では、「勝負だ!」「まだまだ!」と大きな声を出して激しくぶつかる力士の迫力に子どもたちは圧倒された様子。食い入るように見つめていた小学4年生の石川奏斗(かなと)さん(9)=東京都府中市=は「お相撲さん同士がぶつかるバシーッという音がすごかった」と興奮していた。小学3年生の濱津賛(たすく)さん(8)=千葉県市川市=も「お相撲さん同士がバン、バンと激しくぶつかる音が大きくて驚いた」と話した。大嶽親方は「力士は相撲を取るためにこうやって稽古を重ねている。今度は場所を見に来て下さい」と話した。

 稽古を見学した後は土俵に上がって力士と対決。子どもたちは懸命に技をかけたり、土俵から力いっぱい押し出したりした。最後は10人ほどで束になって力士にかかっていったがかなわなかった。小学2年生の前川光介さん(7)=東京都品川区=は、母親がテレビで大相撲を見ていた影響で、相撲が大好きになった。国技館に足を運んで観戦したこともある。本当は相撲を習いたいけれど、自宅近くで習うところがない。だから「お相撲さんと対戦できて楽しかった。『送り出し』で勝った。近くでお相撲さんを見られてうれしい」と笑った。

 髪結いの実演では床山の床直(とこなお)さんが力士の闘鵬(とうほう)さんのまげを結っている間、大嶽親方が床山の仕事の厳しさを解説。びん付け油のにおいをかがせてもらい、子どもたちは大喜びだった。

 大嶽親方に質問する時間もあり、様々な質問が飛び出した。「入門するのにお金はいるの?」という質問に親方は「要らない。まわしや着物、布団などすべて部屋が用意する」と答えた。

 「どうやったらお相撲さんのように大きくなれるの?」という問いかけには「いっぱい食べないといけないけどそれだけではだめ。運動もたくさんしないといけない」と語った。

 最後はお待ちかねのちゃんこ鍋の試食。肉や野菜が入った塩味のちゃんこ鍋やポテトサラダなど、子どもたちはおかみさんや力士の手作り料理を楽しんだ。中には何度もおかわりする子も。年長の佐藤志摩さん(5)=横浜市青葉区=は「好き」と笑顔で食べながら父親の高志(たかし)さん(52)の口にも運んでいた。

 「お相撲さんとの稽古が特に楽しかった。お相撲さんの力がすごく強かった」と言う小学2年小野大歓さん(7)=東京都世田谷区=も「ちゃんこ鍋がおいしかった」と話した。