[PR]

 12日午後10時8分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする地震があった。同県八代市で震度5弱、宇城市や人吉市、上天草市などで震度3、宮崎県や鹿児島県でも震度2を観測した。気象庁によると、震源の深さは約7キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4・3と推定される。熊本県内で震度5弱を観測したのは、4月19日以来となる。

 午後10時53分にも熊本地方を震源とするM3・0と推定される地震があり、八代市で震度3を観測した。

 同庁によると、いずれも一連の熊本地震の余震とみられる。震度5弱の地震の震源は、4月14日の「前震」が起きた日奈久断層帯付近だという。

 熊本県によると、午後11時半現在、県内でけが人や家屋被害の報告はない。

 JR九州によると、九州新幹線は午後11時40分現在、熊本―鹿児島中央間で上下線とも運転を見合わせている。

 九州電力によると、全国の原発で唯一運転中の川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に異常はないという。

     ◇

 西日本高速道路によると12日午後11時現在、九州自動車道は松橋インターチェンジ(IC)―えびのICで、南九州自動車道は八代ジャンクション(JCT)―日奈久ICでそれぞれ最高速度を50キロに制限している。

     ◇

 12日午後10時8分ごろに発生した熊本県熊本地方を震源とする地震で、肥薩おれんじ鉄道は、熊本県の八代―肥後田浦間で上下線を1本ずつ運休にした。