[PR]

 米フロリダ州オーランドのナイトクラブで12日未明(日本時間同日午後)に発生し、100人以上が死傷した銃乱射事件で、米捜査当局は動機や背後関係の解明を急いでいる。死亡した容疑者の男は過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓っていたとされ、ISが運営するラジオ局は事実上の犯行声明を出した。ただ、具体的な接点は明らかになっておらず、当局は慎重に捜査を進めている。米史上最悪の銃乱射事件は米社会に大きな衝撃を与え、今後テロ対策や移民の受け入れ、銃規制などを巡る論議で、大統領選にも影響を与えるのは必至だ。

 米連邦捜査局(FBI)などによると、実行犯は米国生まれで、現場から200キロほど離れた同州フォートピアスに住むオマル・マティーン容疑者(29)。12日午前2時ごろに同性愛者向けのナイトクラブ「パルス」内で乱射を始めたという。警察が午前5時ごろにナイトクラブ内に突入してマティーン容疑者を殺害したが、49人が死亡、53人が負傷して病院に運ばれた。13日朝までに、死者48人の身元が確認されたという。

 マティーン容疑者は犯行の際、日本の110番にあたる911番に電話をし、自分がISに忠誠を誓っていることを明らかにしたほか、米メディアによると、3年前に米ボストンで起きた爆弾テロ事件についても言及したという。

 ISが運営するラジオ局アルバヤンは13日、事件について「米国にいるカリフ国(IS)の戦士の1人が、同性愛者の集会に侵入し、100人以上を死傷させた」とマティーン容疑者をたたえる放送をした。ISによる事実上の犯行声明とみられる。

 同ラジオ局は昨年12月、米カリフォルニア州サンバーナディノで14人が殺害された銃乱射事件で、容疑者2人を「ISの支持者」と称賛する声明を出した。今回は「戦士」としている。

 ただ、同組織による直接の指示や訓練などの連携は確認されておらず、声明も言及していない。オバマ米大統領は13日朝、容疑者が「インターネット上の過激な情報に触発されたようだ」と述べ、「外部から指示されたという明確な証拠は今のところない」と語った。

 父親のセディーク・マティーンさんは朝日新聞の取材に対して、同容疑者が事件前日にフロリダ州ポートセントルーシーの両親宅を訪ねたが、事件に結びつくような言動はなかったと答えた。セディークさんは、息子が以前に男性同士がキスをしている場面を目撃してショックを受けていたとしつつ、過激なイスラム教思想に影響を受けている様子もなかったと話した。

 FBIなどによると、警備会社に勤務していたマティーン容疑者は2013年、同僚に過激な発言をしたとしてFBIが聴取し、14年にはシリアで自爆テロを行った米国人の男と接点がある疑いで、再び捜査対象になった。しかし、どちらのケースでも「問題がない」として捜査が終了し、現在は監視の対象になっていなかったという。

 マティーン容疑者が犯行に使った二つの銃は、この1週間以内に合法的に購入されていた。いったんテロ事件に関連して捜査対象になっていた人物が、自由に銃を購入できたことをめぐり、米国内でも議論が起きるのは必至だ。(オーランド=中井大助、ポートセントルーシー=小林哲