[PR]

 砂に潜ったチンアナゴの見えない部分を見てもらおうと、愛知県美浜町の水族館「南知多ビーチランド」がチンアナゴの「全身展示」を始めた。チンアナゴは砂に潜る習性があるウナギ目アナゴ科で、砂から顔を出す姿が人気の魚。約40匹を飼育する円柱水槽に砂の代わりに透明な吸水材を入れ、本来は砂に隠れて見えない部分も丸見えにした。「気持ち悪いけど、おもしろい」と、入場者の評判も上々だという。8月31日まで。(戸村登)