[PR]

 背任などの容疑で韓国ロッテグループを捜査しているソウル中央地検は13日、創業者の辛格浩(シンギョクホ)氏=日本名・重光武雄=の個人資金とみられる30億ウォン(約2億7千万円)余の現金と関係書類を押収したことを明らかにした。

 同氏の財産管理人らは同地検に対し、株式の配当金や給与などで年間、同氏が百数十億ウォン、次男で同グループ会長の辛東彬(シンドンビン)氏=同・重光昭夫=が200億余ウォンを、それぞれ受け取っていると説明している。同地検は「金額が大きく、どのような性格の金なのか調べている」とした。

 同地検は現在、同グループが政界工作などの目的で秘密資金を作っていなかったかどうかなどに関心を寄せている。

 一方、グループ中核企業のホテルロッテは13日、計画していた株式上場を無期限延期すると発表した。同社は延期の理由について「最近の対外的な懸案に関し、投資者保護などを考慮した」としている。(ソウル=牧野愛博)