写真・図版

[PR]

朝日・東大谷口研究室共同調査

 事実婚、シングルでの出産、夫婦別姓……。家族の形が多様化し、そのあり方を巡って議論が活発化する中、政治の対応が注目される。

 家族観について、「夫婦と複数の子どもがそろっているのが家族の基本形だ」と「シングルマザーや共働きで子どもがいない夫婦など家族の形は多様でよい」のどちらに考えが近いか聞いたところ、自民の半数超が「夫婦と子ども」「どちらかと言えば夫婦と子ども」と答えた。一方、民進や公明、共産、社民は「多様でよい」「どちらかと言えば多様でよい」が多数を占め、認識の違いが鮮明になった。

 夫婦別姓の賛否では、自民の4割、こころの全員が「反対」。民進、公明、共産、社民は8割以上が賛成派だった。同性婚の是非についても、自民、こころは反対派が多数だった。

 自民は党憲法改正草案24条に「家族は、互いに助け合わなければならない」を新設した。ただ、どの項目を改憲すべきかとの質問に、「家族」を挙げた自民候補は3割超にとどまった。

こんなニュースも