[PR]

 差出人を偽って刑務所の受刑者に手紙を送ったとして、大阪府警は14日、指定暴力団山口組直系の織田組(大阪市中央区)組長の高次龍容疑者(69)=同区谷町6丁目=を偽計業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「よく覚えていない」と供述しているという。

 捜査4課によると、逮捕容疑は昨年8~9月、刑務所にいる受刑者あてに、他人の氏名と住所を書いた手紙9通を送り、職員の検査業務を妨害したというもの。短期間に集中して届いたため、不審に思った職員が名前を使われていた人物に確かめて発覚した。

 刑事収容施設法には、犯罪性のある人物からの手紙の発送や受け取りを制限する規定がある。