[PR]

 米フロリダ州オーランドでの銃乱射事件で、死亡したオマル・マティーン容疑者(29)が事件前から、現場となった同性愛者向けのナイトクラブ「パルス」をたびたび訪れていたことが13日、明らかになった。地元紙オーランド・センティネルが常連客4人の証言として伝えた。また、ロサンゼルス・タイムズはマティーン容疑者が同性愛者向けのデートアプリを使い、パルスの常連と連絡を取っていたと報じた。

 センティネル紙は「パルスでマティーン容疑者を少なくとも十数回目撃した」という常連客の話を紹介。あまり話さず、1人で酒を飲んでいることが多く、時には酔って攻撃的になることもあったという。

 タイムズ紙は、アプリを通じて約1年間にわたりマティーン容疑者とやり取りしていた常連客を取材。この客は事件の約1時間前の12日午前1時ごろ、パルスの前でマティーン容疑者を目撃したといい、携帯電話やアプリのデータをFBIに提出したと話した。

 一方、フロリダ州南部の地元紙パーム・ビーチ・ポストは「何度か一緒にゲイバーに行き、デートにも誘われた。彼はゲイだったと思う」という、マティーン容疑者の警察学校時代の同級生の話を紹介した。

 AP通信によると、FBIもこうした情報について調べている。

 マティーン容疑者は、同性愛者を嫌う発言をしていたとされ、父親は「数カ月前、マイアミを訪れた際に同性愛の男性カップルが子どもたちや家族の前でキスをするのを目撃し、ショックを受けたようだった」と語っているが、以前から同性愛者を数多く目撃していたことになる。(オーランド=中井大助