[PR]

 食品用油脂メーカー大手の不二製油グループ本社(大阪市)は14日、青魚に多く含まれ、認知症などの予防効果があるとされるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)の酸化を抑える技術を開発したと発表した。特有の生臭さを消せるといい、様々な食べ物への活用が見込まれるという。

 油分に溶けにくいビタミンCなどの抗酸化成分を均質に混ぜる独自技術を用い、一般の食用油より酸化しにくくすることに成功したという。サンマやサバなどから抽出するDHAやEPAは精製直後は無臭だが、すぐに酸化が進んで生臭くなる性質を持つ。新技術で加工すれば、生臭さの発生を抑えられるという。

 DHAやEPAはこれまで、臭いのしないカプセル状のサプリメントに加工されることが多く、一般の食べ物への利用は広がってこなかった。同社は今後、食品メーカーと組んでDHAやEPAが入った様々な商品をつくり、来春の発売をめざすという。

 同社は高齢化の進行などに伴い、DHAやEPAを含む食品市場は1兆円規模に膨らむと見込む。東京都内で会見した清水洋史社長は「牛乳やヨーグルトなどにも使われるようになれば、ものすごいマーケットになる」と期待する。(石橋亮介)

こんなニュースも