[PR]

 日ごろは目立たないマンホールのふたが、地域の魅力発信に一役買っている。ご当地ならではの由緒ある建物やマスコットを描いたデザインが各地に広まり、お土産やふるさと納税のお礼の品にも登場した。人気の訳とは?

 「まさか、実際に申し込みがあるとは」。驚くのは岐阜県池田町の森正登係長(41)だ。4月からふるさと納税の返礼品に、町のゆるキャラ「ちゃちゃまる」を描いたマンホールのふたを追加した。キャラクターのウサギの耳は町特産の茶葉の形だが、全国的に知名度があるわけではない。35万円の寄付で、直径約60センチ、重さ約40キロのふたがもらえる。あくまでも話題づくりが狙いで、あまり期待していなかったが、申し込みは4月、5月と1件ずつあった。奈良県王寺町も昨年11月から町のシンボルの鐘を描いたマンホールのふたを返礼品に加えたところ、1件の申し込みがあった。

 国土交通省や下水道団体でつくる下水道広報プラットホーム(GKP)によると、マンホールのふたは、全国ほぼ全ての市区町村に独自デザインがあり、約1万2千種類に上るという。札幌市は時計台、東京23区は都の花のソメイヨシノ、大阪市は大阪城、広島市はカープ坊や、北九州市は世界文化遺産の官営八幡製鉄所旧本事務所をデザインする。

 漫画家の水木しげるさんが長年暮らした東京都調布市では3月中旬、「ゲゲゲの鬼太郎」が描かれたものがお目見えした。調布駅前の通りに、鬼太郎やねずみ男が歩きたばこや放置自転車の禁止などを訴える6種類を設置した。近くの商店街で茶販売店を営む森田栄三さん(78)は「調布は『水木さんの街』。マンホールは目立つので、いいPRになる」と歓迎する。

 横浜ベイブリッジをふたのデザ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら