[PR]

 防衛省は15日、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1隻が同日午前3時半ごろ、鹿児島県・口永良部島の西側の領海を南東に進んでいるのを、海上自衛隊の哨戒機P3Cが確認したと発表した。午前5時ごろには、この軍艦は同県・屋久島の南側の領海を出て、南東へ向け航行したという。

 統合幕僚監部によると、中国海軍の軍艦が日本領海に入るのは極めて異例だ。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は15日午前9時35分ごろ、在日中国大使館の劉少賓次席公使に電話で「先般の中国海軍の接続水域の入域に続いて、中国軍の活動全般について懸念している」と申し入れた。政府関係者は「抗議ではない」としている。9日未明には、中国海軍の軍艦が沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域を初めて航行するのが確認され、日本政府は抗議している。

 領海は沿岸国から12カイリ(約22キロ)までの水域で、領土や領空のように主権が及ぶ。ただ、平和や安全に害を与えなければ外国船でも航行できる「無害通航」が認められている。日本政府は今回の軍艦の行動について分析中だ。

 世耕弘成官房副長官は15日の会見で、「今回の中国艦艇がどういう目的で航行したかについては、現時点では確たることを申し上げるのは控えさせてもらいたい」と述べた。

 統合幕僚監部によると、周辺海域ではほぼ同時刻に、日米印の海上共同演習「マラバール」に参加するインド海軍の補給艦とフリゲート艦の2隻が航行していた。中谷元・防衛相は同日、防衛省で記者団に「中国海軍の軍艦がインド軍艦を追うように航行した」と明らかにし、引き続き周辺海空域の警戒監視に万全を期す考えを示した。

こんなニュースも