[PR]

 鳥取県は15日、鳥取市鹿野町の障害者支援施設「県立鹿野かちみ園」で、知的障害のある40~60代の女性入所者3人が入所時から3~20年間にわたり、個室にいる間は扉に鍵を掛けられ、外に出られないようにされていたと発表した。同園は指定管理者の県厚生事業団が運営。県は鳥取市と共同で立ち入り調査し、虐待と判断した。

 県障がい福祉課によると、3人のうち60代女性は他の入所者の個室に入って掲示物を止めるためのマグネットなど小物類を食べてしまう癖があるといい、施錠期間は約20年。他の2人は40代で、暴力を加えたり受けたりするとして、それぞれ約7年と約3年にわたり施錠されていたという。

 食事や訓練作業などで支援員とともに個室の外にいる時間はあり、鍵を掛けられていた時間は最近で1日6時間半~14時間だった。いずれも家族の同意は得ていたという。5月10日、仕事で同園に出入りする人から県に「虐待ではないか」と通報があり、発覚した。

 国の基準では、障害者の身体拘束をするのは他に手段がない「緊急やむを得ない場合」で、一時的でなければならないという。小林真司・障がい福祉課長は「職員に虐待という認識がなかった」とする一方、「小物類を食べてしまうなど問題があるなら分析し、必要な支援をしなければならないが、それをせず、漫然と施錠を続けていた」としている。

 県と市が調査に入った5月19日以降、同園は施錠をとりやめ、日中は少なくとも職員2人が見守るようにしているという。(柳川迅)