[PR]

 トヨタ自動車は15日、プリウスのプラグインハイブリッド(PHV)タイプの新型車を国内で初めて公開した。電気だけで走れる距離を伸ばし、太陽光で充電できるパネルをオプションで屋根に載せられるようにした。今秋に日米欧で発売予定だ。

 新型は、電気だけで走れる距離を従来の約2倍にあたる60キロ以上にした。運転席に11・6インチの大型ディスプレーを備え、カーナビとオーディオを同時にタッチパネルで操作できる。

 昨年発売したHVの新型プリウスを土台にしつつ、ヘッドランプのデザインは燃料電池車ミライに似たものにした。オプションの太陽光パネルは、その充電分だけで年に1千キロ程度走れるという。

 2012年に発売したプリウスPHVの世界販売は累計で約7万5千台。年6万台とした当初の販売目標を大幅に下回っており、新型車でてこ入れする。価格について豊島浩二チーフエンジニアは「できるだけ抑え、幅広い方に利用してもらいたい」と話している。(高橋諒子)

こんなニュースも