【動画】密閉状態で子猫を遺棄 県内のNGOが千曲署に動物愛護法違反で告発=辻隆徳撮影
[PR]

 長野県千曲市の神社の境内で今月3日ごろ、子猫3匹が段ボール箱に入れられて遺棄されているのが見つかり、環境NGO「ライフ・インヴェスティゲーション・エージェンシー(LIA)」は14日、動物愛護法違反(愛護動物の遺棄)容疑で千曲署に告発した。同署は同日付で告発状を受理した。

 矢吹蓮代表(42)によると、子猫はいずれも生後1カ月未満。保護した際、大量の目やにで目が開かない状態で、自力でほとんど動けず、発熱していたという。矢吹代表は「1日発見が遅れたら、3匹とも確実に死んでいた」と話す。子猫は現在、このNGOの施設で保護されている。食事もとれており、元気に走り回っているという。

 県内では4月にも、長野市の山中で20匹以上の猫が遺棄されているのが見つかっている。矢吹代表は「小さな命を軽視していると思われる行為が多くて憤りを感じる。飼い主は責任を持って動物と接して欲しい」と訴えた。

 保護施設では、子猫の他にも犬や鳥などの引き取り手を探している。問い合わせは同団体(090・1115・5988)へ。