[PR]

 今年度から15年かけて大規模改修する幕張メッセ(千葉市美浜区)について、県は16日、国際展示場北(9~11)ホールの屋根で、サビが相次いでいたことを明らかにした。これまでに補修した箇所は200~300カ所にのぼる。県は改修計画の中で最大13億円をかけて屋根を改修する予定だが、現時点で発生原因は特定できていない。

 県議会商工労働企業委員会で鈴木均県議(民進)の質問に答えた。北ホールは1989年に開業した1~8ホールに続いて、97年に完成した。県経済政策課によると、屋根はステンレス製で、海に近いことから腐食に強い素材を使用した。しかし、2000年夏ごろからサビが発生。施工者が無償で補修してきた。

 ほぼ同じ素材を使った1~8ホールの屋根には発生していない。屋根に同種のステンレスを使った全国50カ所以上の施設でも、発生しているところはない。

 県は専門機関に依頼し、素材や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら