[PR]

 京都市左京区の要法寺の池から、今年もカルガモの親子5羽が鴨川に引っ越した。警察官らが川端通の車を止めて誘導し、700メートルを45分かけて移動した。

 例年は、ヒナが生まれて6週間ほどで引っ越すが、今年は約8週間後。子育て中に母ガモが2回目の産卵をし、その卵を温めているうちに遅れたという。

 子ガモは成長し、先導する母ガモと見分けがつかない大きさに。近所の女性は「子ガモがいつもより大きくて、どれが親かわからなかった」。

こんなニュースも