[PR]

 運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県)について、20年間の運転延長が認可される見通しとなった。原子力規制委員会が20日午後、審査書案を定例会に諮る。東京電力福島第一原発の事故後、原発の運転期間を原則40年までとする制度ができてから、初めての延長認可となる。ただ、関電は安全対策工事に3年以上かかるとみており、再稼働は2019年秋以降となる見込みだ。

 高浜1、2号機が40年を超えて運転するには、新規制基準導入時の経過措置で猶予された今年7月7日の期限までに、三つの許認可を受ける必要がある。

 規制委は4月、新基準に適合するとして安全対策を許可し、今月10日には設備の詳しい設計を記した工事計画も認可した。残る運転延長認可の審査でも、今月2日に公開の審査を終え、原子炉などの劣化状況が延長に耐えられるとする関電の主張を了承していた。

 高浜1、2号機はいずれも出力82・6万キロワット。運転開始は1号機が1974年11月、2号機が75年11月。(北林晃治)