[PR]

 烟草の火は漸々(だんだん)吸口(すいくち)の方へ逼(せま)って、一寸ばかり燃え尽した灰の棒がぱたりと毛布(ケット)の上に落つるのも構わず主人は一生懸命に烟草から立ち上る烟(けむり)の行末を見詰めている。その烟りは春風に浮きつ沈みつ、流れる輪を幾重(いくえ)にも描いて、紫深き細君の洗髪(あらいがみ)の根本へ吹き寄せつつある。――おや、細君の事を話して置くはずだった。忘れていた。

 細君は主人に尻(しり)を向けて――なに失礼な細君だ? 別に失礼な事はないさ。礼も非礼も相互の解釈次第でどうでもなる事だ。主人は平気で細君の尻の所へ頰杖(ほおづえ)を突き、細君は平気で主人の顔の先へ荘厳なる尻を据えたまでの事で無礼も糸瓜(へちま)もないのである。御両人は結婚後一カ年も立たぬ間(ま)に礼儀作法などと窮屈な境遇を脱却せられた超然的夫婦である。――さてかくの如く主人に尻を向けた細君はどういう了見か、今日の天気に乗じて、尺に余る緑の黒髪を、麩海苔(ふのり)と生卵でゴシゴシ洗濯せられた者と見えて癖のない奴を、見よがしに肩から脊(せ)へ振りかけて、無言のまま小供の袖(そで)なしを熱心に縫っている。実はその洗髪(あらいがみ)を乾かすために唐縮緬(とうちりめん)の布団(ふとん)と針箱を椽側へ出して、恭(うやうや)しく主人に尻を向けたのである。あるいは主人の方で尻のある見当へ顔を持って来たのかも知れない。そこで先刻御話しをした烟草の烟りが、豊かに靡(なび)く黒髪の間に流れ流れて、時ならぬ陽炎(かげろう)の燃える所を主人は余念もなく眺(なが)めている。しかしながら烟は固(もと)より一所に停(とど)まるものではない、その性質として上へ上へと立ち登るのだから主人の眼もこの烟りの髪毛と縺(もつ)れ合う奇観を落ちなく見ようとすれば、是非とも眼を動かさなければならない。主人は先ず腰の辺から観察を始めて徐々と脊中(せなか)を伝って、肩から頸筋(くびすじ)に掛ったが、それを通り過ぎて漸々(ようよう)脳天に達した時、覚えずあっと驚いた。――主人が偕老(かいろう)同穴(どうけつ)を契った夫人の脳天の真中には真丸な大きな禿(はげ)がある。しかもその禿が暖かい日光を反射して、今や時を得顔(えがお)に輝いている。思わざる辺にこの不思議な大発見をなした時の主人の眼は眩(まば)ゆい中に充分の驚きを示して、烈(はげ)しい光線で瞳孔(どうこう)の開くのも構わず一心不乱に見詰めている。主人がこの禿を見た時、第一彼の脳裏に浮んだのはかの家伝来の仏壇に幾世(いくよ)となく飾り付けられたる御燈明(おとうみょう)皿(ざら)である。彼の一家(いっけ)は真宗で、真宗では仏壇に身分不相応な金を掛るのが古例である。主人は幼少の時その家の倉の中に、薄暗く飾り付けられたる金箔(きんぱく)厚き厨子(ずし)があって、その厨子の中にはいつでも真鍮(しんちゅう)の燈明皿がぶら下って、その燈明皿には昼でもぼんやりした灯(ひ)がついていた事を記憶している。周囲が暗い中にこの燈明皿が比較的明瞭(めいりょう)に輝やいていたので小供心にこの灯を何遍となく見た時の印象が細君の禿に喚(よ)び起されて突然飛び出したものであろう。燈明皿は一分立たぬ間に消えた。この度(たび)は観音様の鳩(はと)の事を思い出す。観音様の鳩と細君の禿とは何らの関係もないようであるが、主人の頭では二つの間に密接な聯想(れんそう)がある。同じく小供の時分に浅草へ行くと必ず鳩に豆を買ってやった。豆は一皿が文久(ぶんきゅう)二つで、赤い土器(かわらけ)へ這入っていた。その土器が、色といい大(おおき)さといいこの禿によく似ている。

 「なるほど似ているな」と主人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも