[PR]

 「自分の頭だから、どうだって宜いんだわ」といったが、さすが少しは気になると見えて、右の手を頭に乗せて、くるくる禿を撫(な)でて見る。「おや大分大きくなった事、こんなじゃないと思っていた」と言ったところを以て見ると、年に合わして禿が余り大き過ぎるという事を漸(ようや)く自覚したらしい。

 「女は髷(まげ)に結うと、ここが釣れますから誰でも禿げるんですわ」と少しく弁護しだす。

 「そんな速度で、みんな禿げた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも