[PR]

 サッカーJ1ガ大阪は20日、FW宇佐美貴史(24)がドイツ1部リーグのアウクスブルクへ完全移籍するとクラブ間で合意した、と発表した。25日のJ1名古屋戦が、ガ大阪での最後の試合になる。21日に記者会見を開き、宇佐美が移籍について思いを語る。

 アウクスブルクの公式ホームページによると、2020年6月30日までの4年契約。今月末に渡欧し、メディカルチェックを受けるという。関係者によると、宇佐美は複数の欧州クラブから興味を示されていたが、正式オファーが届いたのはアウクスブルクだけだったという。

 宇佐美はガ大阪ユース出身で、2009年に16歳でトップチームに昇格。11年夏にドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンへ期限付き移籍したが出場機会に恵まれず、12年に同じドイツ1部のホッフェンハイムに移ったが定位置を奪えなかった。13年に当時J2だったガ大阪に復帰し、同年のJ1昇格、14年の国内3冠達成に貢献した。今季はここまで16試合に出場して5得点。前節まで3試合連続でゴールを決めている。

こんなニュースも