[PR]

 相続法制の見直しを進めていた法相の諮問機関「法制審議会」の相続部会は21日、配偶者の相続分の引き上げや、相続で自宅退去を求められる可能性がある配偶者の居住権確保などを盛り込んだ中間試案をまとめた。7~9月に意見公募(パブリックコメント)を実施した上で再び議論し、法相に答申を出す。

 これを受けて、法務省は来年の国会への民法改正案提出を目指す。相続法制の大規模な改正は1980年以来となる。

 試案では、配偶者が受け取れる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも